未分類

自動車保険は安心感が大事!いざという時に頼れる自動車保険の選び方

自動車保険には色々なものがありますが、いざ事故が起きた時にしっかり対応してもらえるのかどうかは、その時になってみないとわからなそうですよね。

ただ特定のポイントに注目すれば、事故対応をしっかりしてもらえる上に保険料もお手頃価格など、安心でより良い自動車保険を選ぶことができます。

今回は安心できる自動車保険とはどういうものなのか、どのように選べば安心、安全の対応を受けることができるのかを解説していきます。

ぜひ最後まで読んで参考にしてください。

まずは補償内容を見よう

自動車保険に限らず、商品を選ぶ時はどうしても最初に「費用」に目が行ってしまいます。

しかし自動車保険は、費用だけで選んでしまうと事故などの時の対応が不十分である可能性もありますよね。

費用面ももちろん大切ですが、まずは補償内容をじっくり見て、最適な保険を絞り込んでください。

補償内容について注目すべきポイントは以下のとおりです。

対人・対物賠償は無制限にしよう

自動車は、事故を起こすと人や物に被害を及ぼしてしまうことが多いです。
この時に役立ってくれるのが「対人・対物賠償」です。

対人・対物賠償は、自動車保険の種類によっては「5,000万円まで」「1億円まで」など、上限を設定することもできます。

もちろんその分保険料を安くすることもできるのですが、ここはぜひ「無制限」に設定することをおすすめします。

これまでの判例を見ると、事故が起きた時の対人・対物賠償の金額は、1億円を軽々超えてしまう場合が多いです。

車の事故はいつどこで起きるかわかりませんし、人命にかかわることもありますので、こうした損害の賠償を個人で行うことは到底無理でしょう。

上限を「無制限」にしても、保険料はたいてい数千円程度しか増えません。
「いざ」に備えるためにはそれほど高い金額ではありませんので、安心感を得るためにも必ず「無制限」にしておいてください。

人身傷害補償保険・搭乗者傷害保険もしっかり設定すべし

人身傷害補償保険、そして搭乗者傷害保険も、自動車保険を選ぶ時に重要な項目です。
車による事故は、ケガだけでなく死亡のリスクも高いものです。

もしもの時に自分だけでなく同乗している人の補償もできるように、準備しておいてください。

ケガの補償については、治療にかかった実費が支払われることになります。
ですので、事前に金額の上限などを設定する必要はありません。

死亡保険については、1,000万円程度にする場合が多いとされています。

ロードサービスも充実させよう

車は、事故だけでなく突発的なトラブルも起きることがあります。
例えば、急にバッテリーが上がってしまった、タイヤのパンク、ガス欠など、車が立往生してしまうと自分ではどうしようもありませんよね。

自動車保険のロードサービスに加入しておくと、保険会社に連絡すればすぐにスタッフが駆けつけて対応してくれるので安心です。

大抵の自動車保険ではロードサービスが基本プランとして組み込まれていますが、レッカーの輸送距離やガス欠対応の有無など、保険会社ごとに対応内容に若干の違いがあります。

対応していない内容があった場合は自分で業者に依頼すれば良いだけではありますが、気が動転しているとそれどころではなくなってしまうことも考えられます。

ロードサービスはいざという時の安心材料につながりますから、ぜひしっかりした内容のプランを選んでください。

ネット型と代理店型の違いとは

従来の自動車保険は、代理店の担当者と直接話をして加入するものでした。

しかしインターネットなどの通信手段が発達するにしたがって、近年ではネット型(ダイレクト型・通販型)の自動車保険にも人気が集まっています。

ネット型は「担当者がいない」「安い」という特徴がある

ネット型の自動車保険は、インターネットのWebページだけで申し込みやその他の手続を完了させることができます。

代理店のように担当者を話をすることもないので、手軽に加入することができます。

また、代理店を通さない分、人件費や場所代がかからないため保険料も安いのが特徴です。

ネット型は駆けつけサービスがない場合もある

代理店型の自動車保険は、事故が起きた時に担当者が直接間に入ってくれる「駆けつけサービス」があります。

しかし、ネット型の自動車保険の場合は担当者がそもそもいないため、現場に来てくれる人がいません。

事故の際に安心できる対応を求める場合は、代理店型の自動車保険を選んだ方が良いと言えるでしょう。

ただ、最近はネット型の自動車保険でも、警備会社(ALSOKやセコムなど)と提携して駆けつけサービスを実施していることもあります。

示談交渉についても、電話対応にはなりますが真摯に交渉してくれる自動車保険が多いですので、ネット型だからと言ってそこまで対応に不備があるということはないでしょう。

結局どの自動車保険を選んだら良い?

ここまでのポイントを整理すると、安心な自動車保険を選ぶ上で欠かせないのは以下の項目と言えます。

  • 対人・対物賠償は無制限に
  • 人身傷害補償保険・搭乗者傷害保険も重視
  • ロードサービスにもしっかり入る

ネット型と代理店型については、個々の好みで選んで良いでしょう。
「担当者がつく」ことにこだわりがなければ、ネット型でも構いません。
逆に、人間が直接対応してくれることを望む場合は、代理店型を選んでください。

一括比較サイトも利用すると決めやすい

数ある自動車保険のパンフレットやサイトを、1つずつ見ていくことは大変手間がかかります。

この時に便利なのが「一括比較サイト」です。

一括比較サイトでは、複数の自動車保険の見積もりを一括して取れるのと同時に、各社の保険の特徴も確認することができます。

自動車保険を選ぶ時は一括比較サイトを利用してある程度保険会社を絞った上で、最終的な保険会社の決定を行うと良いでしょう。

なお、主な一括比較サイトには以下のようなものがあります。

  • インズウェブ
  • 保険スクエアbang!
  • イオンのほけん相談

まとめ

自動車保険に入ること自体が「安心」を買うことにもつながりますが、自動車保険の内容を精査すれば安心をより強固なものにするために役立ちます。

まずは自動車保険になくてはならない最低限のポイントをおさえつつ、その先は個々のこだわりによって選んでいってください。

最適な自動車保険に出会えることを祈っています。