未分類

安心して加入できる車保険はどれ?おすすめの任意保険ランキング6選!

車保険は保険料の安さや補償の内容など、色々な情報を総合的に考慮して選ぶ必要がありますよね。

しかし車保険は色々な保険会社から販売されているため、ひとつずつ値段や補償内容を見比べていくのは大変です。

そこで今回は、数ある車保険の中から保険料や補償内容を総合して、特に評判の高い任意保険を6つ、ランキング形式でご紹介します。

もちろん個々のこだわりによって加入したい保険の種類は色々あると思いますが、より多くの人から支持を受けている保険から検討していったほうが、良い車保険に出会える可能性が高いでしょう。

ぜひ自分に合った安心の車保険を選ぶ際の参考にしてください。

安心して加入できる車保険ランキング6選

早速、おすすめの任意保険のランキングを発表します!

第1位:ソニー損保

ソニー損保の自動車保険は、保険料の安さの面で長年トップクラスの満足度を誇っています。

加えて補償内容も充実しているため、今回のランキングでは第1位としました。

ソニー損保の自動車保険で特に評価できるのが、休日でも平日と同じように事故対応をしてもらえるということです。

示談交渉サービスもプラン内に元から入っているため、事故の備えとしては万全と言えます。

走行距離に比例した保険料の設定も魅力です。

走行距離が長くなかった年度は翌年にその分を繰り越せるため、あまり車に乗らない人でも無駄のない補償を受けることができます。

第2位:セゾン自動車火災保険

セゾンの自動車保険は「おとなの自動車保険」という名前で知られています。

全年代で平均すると保険料がそこまで安いとは言えないのですが、「おとな世代」である40代と50代は突出して保険料が安く設定されています。

世帯の中で最も多く運転する人の年齢を基準にして保険料が算出されますので、20代のお子さんが運転する場合でも、40代~50代の親御さんがいれば安めの保険料で加入することができます。

賠償額の上限がないというのも非常に魅力で、事故受付は24時間対応です。

保険料と補償内容のつり合いが取れているため、総合的に見るとかなり高評価できる任意保険と言えます。

第3位:チューリッヒ保険

チューリッヒは車保険以外にも色々な保険を安く提供しているということで有名な企業です。

さらにインターネット割引や早割などを利用すればもっと保険料を安くすることができますので、保険料の安さという面ではトップクラスにおすすめできる車保険です。

補償内容も充実しており、最も評価できるのはロードサービスです。

多くの車保険では無料でのレッカー距離に制限があるのですが、チューリッヒ保険では指定工場までの移動であれば距離の制限がありません。

レッカー移動の距離は事前に読めないものですから、もしもに備えるという意味でレッカー無料はかなり大きいです。

事故対応も24時間受け付けています。
他の車保険にも負けず劣らずおすすめできる安心の車保険です。

第4位:SBI損保

SBI損保も、ソニー損保と並んで保険料の安さにおける満足度が長年評価されている車保険を提供しています。

チューリッヒ保険と同じく指定工場までのレッカー移動が無料である点や、インターネット割引が充実している点も魅力です。

ロードサービスや事故対応についても概ね他の車保険と比べて遜色ないですが、基本プランの個人賠償特約の上限が1億円となっているので、その点が若干弱いです。

対人対物賠償を充実させたい方は、無制限のプランに変えるなどの対策が必要でしょう。

第5位:三井ダイレクト損保

三井ダイレクト損保は、ITサービスの質を評価する「HDI-Japan」という格付けランキングで際高評価を獲得したことで有名な車保険です。

問い合わせ窓口やモニタリング、Webサポートなどの面が評価されていますので、電話での事故対応や申込時の質問へのレスポンスなど、ダイレクト型保険ならではのやり取りが円滑に行えることでしょう。

三井ダイレクトも、インターネット割引などを併用すれば保険料はかなり安く抑えることができます。

マイナスに感じる点としては、基本プランに個人賠償特約がない点です。

ロードサービスの全国拠点も3,200ヵ所程度と少ないので、こうした点を重視する方にとってはあまり向いていない車保険かもしれません。

第6位:アクサダイレクト

アクサダイレクトの車保険は、インターネット割引の率がかなり高いことが評価できます。

ロードサービスの拠点も全国に1万以上ありますので、安心して加入できる車保険と言えるでしょう。

マイナスポイントとしては、基本プランの個人賠償特約の上限が3000万円とかなり低い点です。

個人賠償特約は無制限にすることが望ましいのですが、あまり詳しくないと3000万円のまま加入してしまうことにもなりかねず、事故の備えをするという面では弱いと考えられます。

もちろん、ご自身で賠償額無制限のプランに変えれば済むことなので、ぜひ無制限にすることをおすすめします。

自分に合った車保険を選ぶには「一括比較サイト」も利用しよう

今回のランキングは2020年時点での総合評価によるものですので、今後の各社のプラン内容見直しなどによっておすすめの度合いは変化していくことと思われます。

車保険を検討する時点でどの保険が自分に最も合っているかを考えるためには、ぜひ「一括比較サイト」も活用してください。

一括比較サイトは、複数の車保険の見積もりを一度に取れるサイトです。

有名どころでは「価格.com」「保険スクエアbang!」「インズウェブ」「イオンのほけん相談」などがおすすめです。

保険料の見積もりだけでなく、各社のプランの詳細も比較できます。

走行距離や年齢なども入力した上で見積もりが算出されますので、実際に車保険に加入する時とほとんど同じ加入内容で、見積もり額を確認することができますよ。

どの一括比較サイトも無料で利用できますので、ぜひ気軽に使ってみてください。

まとめ

車保険は、運転する人の年齢や事故歴、車の走行距離や車種、年式などによって、どのプランが最もお得なのかが変わってくるものです。

今回ご紹介したランキングや一括比較サイトの結果などを参考にしながら、ご自身にとって最も合った車保険を選び抜きましょう。