未分類

安い車保険に入っても安心できる理由とは?見積もりや特徴を比較して最も良い任意保険を選ぼう

どのような商品でも、安くてお得なほうが有り難いものです。

しかし車保険の場合、安い保険に入ってしまっていざという時に役に立たないようでは困りますよね。

今回は見積もり額が安い車保険の特徴や注意点、より優良な車保険を選ぶためにはどうしたら良いのかを解説していきます。

安い車保険=ダイレクト型の車保険

安い車保険というと、テレビCMなどでもおなじみの保険会社が思い浮かびますよね。
主に以下のような車保険が連想できるのではないでしょうか。

  • ソニー損保
  • チューリッヒ保険
  • SBI損保
  • セゾン自動車火災保険

これらの車保険は「ダイレクト型車保険」と呼ばれており、保険料が手頃で加入しやすい車保険として人気があります。

ダイレクト型とはどういう保険?

ダイレクト型の車保険とは、代理店を通さずにインターネットや電話で保険会社とのやり取りを行うタイプの保険です。

申し込みや事故対応も、対面ではなく電話などの通信手段を介して行います。

保険料は主に二段階で構成されており、事故の補償や基本サービスなどに充当する部分を「純保険料」、人件費などに充当する費用を「付加保険料」と呼びます。

対面で申し込みを行う車保険は、人件費や場所代がかかるため「付加保険料」と呼ばれる部分の費用が大きく上乗せされています。

ダイレクト型の車保険は付加保険料が少なくて済みますので、全体的な保険料も安くおさえられているというわけですね。

しっかり対応してくれるの?

安い車保険に加入した時の最も大きな心配は、事故やトラブルが起きた時の対応能力だと思います。

しかしこの点は安心してください。

ダイレクト型の車保険も、事故対応は基本的に24時間365日受け付けていますし、警備会社による駆けつけサービスを実施しているプランも多いです。

走行中のガス欠などのトラブルもロードサービスでカバーしてくれますし、代理店型の車保険と比べても遜色ない安心感を得ることができます。

細かい点は自分の目でしっかり確認しよう

代理店型の保険にも言えることなのですが、保険会社のプランには各社それぞれ細かい違いがあります。

例えば、事故受付が24時間365日であっても、保険会社によっては具体的な対応はその日の20時まで、というように時間を区切っていることもあります。

対応自体はしてもらえるものの、翌日まで待つのがつらい方にとってはこの点はマイナスとなるでしょう。

また、ロードサービスのレッカー距離の長短や活動拠点の数なども、保険会社によってまちまちです。

代理店型の車保険であれば担当者が各社のプランの特徴を説明してくれますが、ダイレクト型の車保険は各自で比較して決めなくてはならないので、この点が面倒だと思う方も多いかもしれません。

しかし、安心してください。
ダイレクト型車保険を誰もが公平に比較することができるように、「一括見積もりサイト」というものがあります。

車保険は一括見積もりサイトを利用すれば安心!

車保険を選ぶ際は、ぜひ一括見積もりサイトを使って比較検討しましょう。

一括見積もりサイトは、複数の車保険の見積もりを一括で取ることができるサービスを展開しているサイトです。

「価格.com」のような比較サイトで実施しているほか、「保険スクエアbang!」「インズウェブ」のように、保険の比較に特化しているサイトでも、車保険の一括見積もりシステムが提供されています。

各プランの特徴も見ることができる

車保険では保険料の安さも重要ですが、それ以上に着目したいのがプランの内容です。

先ほど触れたように、車保険のプランには各社で差があります。
自分にとって最も良い補償内容の車保険を見つけるためには、一括して表になっていたほうがわかりやすいですよね。

一括見積もりサイトでは、各プランの特徴がわかりやすく一覧になって表示されます。

走行距離や運転手の年齢なども入力した上での検索結果が出ますから、オーダーメイドに近い車保険プランの提示を受けることができるでしょう。

各種キャンペーンも実施している

一括見積もりサイトによっては、時期ごとに色々なキャンペーンを実施しています。

例えば2020年11月現在では、「保険スクエアbang!」で一括見積もりシステムを利用すると、モスバーガーかケンタッキーフライドチキン、どちらか一方の商品が必ずもらえるというキャンペーンを実施しています。

他のサイトでも各社趣向を凝らして楽しいキャンペーンを行っていますので、保険を選ぶ段階から楽しむことができますよ。

より安心できる車保険に加入するためのポイント

保険に求めるポイントは個々異なるものです。

夜の運転はしないから受付時間は短くても良いという方もいれば、必ず弁護士特約がついていないと安心できないという方もいるでしょう。

大抵は各自のこだわりによって決めていただいて問題はないのですが、ひとつだけ必ず入るようにおすすめしたいのが、「対人・対物賠償の無制限プラン」です。

車保険は必ず「対人・対物賠償無制限」にしよう

安い車保険に入るということに焦点を置くと、対人・対物賠償は上限アリにしておいたほうが保険料は安く済みます。

しかし賠償額に上限があるタイプのプランでは、多くても1億円くらいまでしか賠償金が出ません。

実際に事故が起きた時の賠償額の判例を見ると、多くの場合3億円~5億円とかなり高額になることが多く、1億円程度の補償額ではとても支払いきれないでしょう。

物損だけでなく相手の命に関わる事故を起こしてしまった場合や、体に障害が残るようなケースにも備えるためには、対人・対物賠償は無制限にしておく必要があります。

多少保険料が上がったとしても、安心を買うことが保険の意味ですから、ここは妥協しないことを強くおすすめします。

まとめ

車の任意保険は強制保険とは違い、入らなくても特に罰則がない保険です。

しかし、車は一度事故を起こすと思いもよらないほど被害が大きくなってしまうものです。

車を運転する者として、ぜひしっかりと任意保険に加入して、不測の事態に備えておきましょう。