未分類

安い自動車保険はデメリットだらけ?ダイレクト型自動車保険は本当に大丈夫なのか

自動車保険は毎日お世話になるようなものではなく、年に一度、もしかすると一生に一度お世話になるかどうかという程度のものですよね。

わざわざ高いお金をかけて自動車保険に入るよりも、できるだけ安く加入したいと思っている方のほうが多いのではないでしょうか。

安い自動車保険として真っ先に思い浮かぶのは、「ダイレクト型自動車保険」です。
ネット型、通販型とも呼ばれますね。

安いのは良いのですが、ダイレクト型自動車保険には色々なデメリットがあると言われています。

今回はそんな「ダイレクト型自動車保険」のデメリットをご紹介しながら、果たして加入しても大丈夫なのかどうかを検証していくことにしましょう。

ダイレクト型自動車保険とは

ダイレクト型自動車保険は、別名「ネット型自動車保険」「通販型自動車保険」とも表現します。
いずれも意味は同じです。

実店舗形式の代理店を有している普通の保険会社と違って、ダイレクト型自動車保険はインターネットや電話など、通信手段のみで加入や保険金の支払いなど、全ての手続きを行うことができます。

ダイレクト、つまり「直接」、保険会社とやり取りをする形になります。

どうして安いの?

ダイレクト型自動車保険の一番の魅力が「保険料が安い」ことです。

どうしてダイレクト型自動車保険の保険料が安いかというと、第一の理由はやはり「代理店を持たないこと」です。

単純に人件費や場所代がかからないというのもありますが、代理店のある保険会社は「付加保険料」といって、実店舗運営に必要な資金分を保険料に上乗せすることができます。

付加保険料のうち代理店を運営するための代金分がほとんどカットできるため、保険料を低く抑えて加入者に還元できるというわけですね。

ちなみに、保険料を支払うための原資である「純保険料」部分の金額については、ダイレクト型自動車保険も、そうでない自動車保険と変わりません。

つまり、保険料が安いからといって保険金の額が減らされるということはないです。

保険金については普通の保険と変わりなく受け取ることができますので、その点はご安心ください。

ダイレクト型自動車保険のデメリットとは

ダイレクト型自動車保険は安いというだけで特に問題はなさそうですが、やはり普通の自動車保険と比べるとデメリットが色々あります。

対面で相談できない

ダイレクト型自動車保険で最も大きなデメリットがこれです。

初めて自動車保険に入る方は、どのプランが自分に合っているのかわかりませんよね。

保険のプランは見知った担当者に直接説明してもらってこそ、信頼できるという方もいるでしょう。

いざ事故が起きた時も、担当者の顔を見て相談できれば安心できますよね。

ダイレクト型自動車保険は、全ての手続きをWebや電話などの通信手段で行わなくてはなりません。

相手の姿が見えないと不安な方にとってはあまり向いていないと言えるでしょう。

事故などの時に駆けつけてくれない

ダイレクト型自動車保険のほとんどが、外回りをするための社員を確保していません。
ほぼ全ての社員が電話やWeb対応のみのために会社に在籍しています。

したがって事故やその他、車のトラブルが起きた時、自動車保険会社の人が現場に駆けつけてくれることはありません。

電話対応はしてくれるのでその点は安心ですが、心細い時に接点が電話のみというのは、かなり寂しく感じるかもしれません。

それでもダイレクト型自動車保険をおすすめできるワケ

ダイレクト型自動車保険のデメリットを見ていくと、とてもじゃないけどそんな保険に入れないと思う方もいるでしょう。

しかし、ここまで挙げてきたデメリットは、実はそこまでデメリットというわけではありません。

考えようによってはむしろメリットとも言えます。

その理由を解説していきますね。

そもそも代理店にできることは少ない

ダイレクト型自動車保険は事故などが起きた時に駆けつけてくれないことがデメリットだというお話をしましたが、そもそも事故対応の際に代理店の人ができることはほとんどありません。

事故の内容や過失の状況を判断して保険金の支払いを検討するのは、あくまでも保険会社です。

代理店の担当者はそのための仲介をするのみで、事故現場を見たからといって直接示談交渉などを引き受けることはできません。

ダイレクト型自動車保険でも、電話での対応は24時間実施しています。

担当者が来てくれてもできることはほぼないのですから、電話での対応だけで十分ではないでしょうか。

その費用が上乗せされるよりも、元からサービスがないほうがお得だと言えます。

落ち着いて冷静にプランを選べる

ダイレクト型自動車保険は、対面でプランの説明を受けることができません。

しかし、各自動車保険会社ともに、Webページはかなりわかりやすく構成されています。
わからないことがあればカスタマーサポートに連絡すれば、丁寧に説明を受けることができるでしょう。

対面で説明を受ける場合、どうしても代理店が売りたい保険の話に偏ってしまうことが考えられます。

他のプランを見せてほしいと頼んでも、担当者の性格によっては代理店にとって不利なプランを隠されてしまうこともあるでしょう。

また、担当者本人を目の前にするとなかなか断れない場合もあると思います。

ダイレクト型自動車保険なら、一人でじっくりプランを選ぶことができます。

ネットで口コミを見ることもできますし、代理店の意向に沿わずに済みますから、自分にとって最も良いプランに決めることができるでしょう。

事故対応はむしろプロフェッショナル

自動車保険会社は、当然ながら国の認可を受けた正式な保険会社です。
それは代理店を持つ会社も、ダイレクト自動車保険も変わりません。

電話での応対になるとは言え、事故対応についてはプロです。
示談交渉やレッカーの手配など、保険の契約内容の部分は全て滞りなく行ってくれます。

ダイレクト自動車保険によっては、事故の際にセコムなどの警備会社が駆けつけてくれるサービスも実施しています。

代理店の人よりも、むしろ警備会社の人が来てくれたほうが心強いかもしれませんよ。

一括比較サイトを利用して最も良い自動車保険を選ぼう

ダイレクト型自動車保険にも色々なものがあります。
どれに入るか迷ったら、一括比較サイトの利用をおすすめします。

自動車保険の一括比較サイトなら、複数の保険会社の見積もりを同時に取ることができます。

各社のプランの特徴も確認できますから、それぞれのこだわりポイントに応じて、ベストな自動車保険を選ぶことができるでしょう。

主な一括比較サイトは以下のとおりです。
ぜひ一度活用してみてください。

  • 保険スクエアbang!
  • インズウェブ
  • イオンのほけん相談

まとめ

ダイレクト型自動車保険は、安いからといって役に立たないわけではなく、むしろ逆です。

いざ事故やトラブルの際には、加入者のために最善を尽くしてくれることでしょう。

「安い保険を探す」というよりは、「より良い保険を探す」という感覚で、ダイレクト型自動車保険も選択肢として考えてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。